らぶらぶメールのバナー

女性からの人気も高い出会い系サイト!
出会えるサイトは数多くありますが、このサイトは男女ともに質がいいので、目的のパートナーを見つけるのにベストなサイトと評判!女性の多くは初心者なので、デートに誘いやすいというのも魅力!

満足度評価ポイント
★★★★★(4.9)
詳しくはこちら
SWEET LINEのバナー
RANKING 2

今人気急上昇中のSWEET LINE。
口コミ情報の方も増えており、早くも優良サイトだと断言する人もいました。 サイトの機能などもシンプルで、広い年齢層の会員数、使いやすさなどを評価する声も多く「会えるサイト」としての評価も高い!

満足度評価ポイント
★★★★(4.3)
詳しくはこちら
FirstMailのバナー
RANKING 3

初心者でも攻略しやすい・出会いやすいと話題のFirstMail。
女性の年齢層はやや高めですが、年上好きの男性から、同世代で出会いを探している人まで口コミ数の8割以上が、1度は出会えたと答えていたサイトです。穴場的な出会い系として支持されています。

満足度評価ポイント
★★★★(4.1)
詳しくはこちら

今はもうない!これまでの無料出会いsnsのサクラ被害

無料出会いsnsにサクラはつきもの!
それくらいじゃないの気持ちで利用することは重要です。
今も昔も変わらずサクラと言うものは存在します。

サクラと言うのは出会い系サイトの運営会社等が雇っているアルバイトのことです。
アルバイトではなく社員がやっているケースもあるかもしれませんが、かなりの人数がいると思うので大量にアルバイトを採用するケースが多いようです。
あくまで噂で聞いた話ですが……。
あと、これもうわさで聞いた話ですが、サクラを募集する時、最初は『簡単な入力作業です♪』のような広告を出して募集するそうです。
確かにそれだとたくさんの方が応募しそうですね。
しかも高時給だと。
もちろん、逆に怪しむ人もいますが、言って判断すればよいだけなので、とりあえず応募をする人は多いでしょう。
男性も女性も採用します。
おそらく男性が多いのでしょう。
そして、女性のふりをして男性ユーザーとやり取りをするのです。
気持ち悪いですね。

サクラと言うのはほとんどの場合、ポイント課金制の無料出会い系の中にいるそうです。
例えばメールを送受信するたびにお金がかかったりするわけです。
あとはオプションとかがあるサイトも多いのでしょう。
異性とのやり取りに夢中になればなるほどどんどん課金をしていきます。
それ自体は悪いことではないのですが、相手がサクラとなると話は別です。
そんな無駄なお金はありません。

では、ポイント課金制のサイトを使わなければいいのでは?と思われる方もいるかもしれません。
ただ、これはそういうわけにもいかないのです。
なぜなら、形式は違えど、多くのサイトは課金制を採用しているからです。
要するに優良サイトもポイント課金制を使っているのです。
先程も書きましたが、それ自体は悪いことではないのです。
本当の女性ユーザー相手であればお金を払うこと自体、本人としては問題ありません。
出会いsnsはビジネスすので、お金をより多く稼げる方法を採用するのは自然な流れです。

では、サクラ被害に遭わないために気をつけるべきポイントをいくつか書いてきます。

・女性にしかわからない質問をしてみる
・口コミ・評価サイトなどを見て研究する
・大きな会社が運営している出会いsnsのみを利用する

まず、『女性にしかわからない質問をしてみる 』
好きな女性誌やファッションブランドなんかは、答えられるサクラと答えられないサクラがいると思います。
そこで答えられない、あるいは急に返信が遅くなった相手は、サクラと判断しても良いと思います。
休に返信が遅くなった時点でアウトとしても良いかもしれませんね。
特に初心者や中級者はなかなか答えられません。
もしかすると本物の女性ユーザーがたまたま返信が遅くなっているケースもあるかもしれませんが、そこは思い切ってアウトとする方が安全でしょう。

そして、『口コミ・評価サイトなどを見て研究する』
飲食店のこういったサイトもそうですが、なんだかんだあてになります。
好みがあるので意見はばらけますが、総合的に見ると参考にすべきかなぁと思います。
出会いsnsの口コミ・評価サイトも優良サイトであっても否定的な意見はありますが、総合的かつ複合的に見るようにしましょう。

『大きな会社が運営している無料出会いsnsのみを利用する』という自分ルールを設けるのも良いでしょう。
小さいサイトは絶対ダメ!という訳ではないですが、先ほどの女性にしかわからない質問をして返信が遅いとアウト!という例と同様、自分の中で線引きを決めることが安全策だと思います。

100%防ぐことは出来ないかもしれませんが、少しでも安全に利用できるよう注意できるところは注意していきましょう。